webライターの副業分岐点!おすすめなのは自動化です!

目安時間:約 7分

副業での収入がかなり増えた事によって、気持ちの面でかなりゆとりが出てきたと思います。本業を絞ぐ収入にたどり着いている方は次の分岐点を視野に入れ始めるのがベストです。この収入は記事を書き続けているからこそ得られるもので生涯続かない物です。

 

今までのライティングスキルを別の形に活かす事ができれば、自動に収入を得られる方法が存在します。それがアフィリエイトです。

 

記事作成のスキルを使って、広告ビジネスでもあるアフィリエイトに参入する事で、徐々にwebライターとして記事作成の案件を減らしながら収入を得られる様にしましょう。

 

この記事で分かる事

  • スキルを使って自動化を
  • 武器を間違えなければ成功させる事ができる
  • 自動化を成功させた後に

 

webライターとしての総力戦がアフィリエイト

いきなりアフィリエイトにチャレンジしても、かなり運が良くない限り収入を得る事は難しいです。それは記事を書く事で収入を得ているあなたと圧倒的にスキルが違うから。

 

あなたはすでに多くの武器を所持している事に気が付いていないかもしれませんが、順序良くこなす事でアフィリエイトに必要なスキルを徐々に身につけていたのです。

 

自動で収入を得る、現実的にないと思っていたかもしれませんが、あなたはすでにスタートを切る事ができる状態になっています。

 

必須なスキルを余す事なく使用する

読ませるライティングを身につけているあなたであれば、記事を作成して集客さえできればかなりの割合で記事を読んでくれます。これを何も経験が無い人が書いた物であればすぐに離脱されるのは間違いありません。

 

初心者では表の作成や、比較記事などを露骨にしない様にして文章を作成する事は基本的にできません。しかし、あなたは書く事ができるので、全てのスキルを用いて不労所得を得られる様にしましょう。

自動化を目指して記事を書く

アフィリエイトサイトを作れるとかなり強いです。それは自動化が可能になる点にあります。自動化といってもたまに手を加えたりしますが、今の様に記事を作成するといったレベルではないのですが、初期段階では記事を作成しなければいけません。

 

集客する記事や商品の比較記事、レビュー記事など色々な記事が必要になるのですが、今まで長文をかいたり、比較記事などを作成してきたあなたであれば難しいという事があっても、無理という事はありません。

webライターのライティングスキルは武器である

変幻自在といえば言い過ぎかもしれませんが、あなたは色々なタイプの記事作成が可能になっています。そのスキルを必要な場面で書く事ができるのは、大きな武器です。

 

自信をもって記事を書く事ができるのは、あなたが今まで積み重ねてきた実績から来るもので、それだけ努力をしてきた結果で、この努力をしないでいきなりアフィリエイトを始めようとしてもなかなか難しいのが現状です。

記事作成に必要な武器を間違えない

記事作成に関しては、色々なタイプの記事が必要な事に触れました。書き方の基本は今まであなたがクライアントから受けた記事を思い出しながら書く事で記事に必要な武器を間違える事がありません。

 

比較記事なのに、レビューの様な書き方などは間違ってもしないですからね。アフィリエイトに関しては戦略が必要になってきますので、個々では割愛しますがいきなり始めると言った事はしないようにしましょう。

成功するイメージを持って記事作成を行う

記事作成している時に今まではクライアントを納得させる記事作成をしていたと思いますが、今後はあなたのサイトで、あなたの記事を使って商品を買ってもらう必要があります。

 

不安な状態で記事を書くと、文章に自信がない感じを受けてしまい、読者が購入目的であなたのサイトに訪問しても逃してしまう事も出てきます。

 

成功するイメージを持ちながら、胸を張って記事を作成しましょう。

自動化を成功させた後は?

記事を作成、予定通りにサイトが完成して商品が売れ始めたらあなたの収入の柱が1つできた事になります。これで満足せずに、同じ様にどんどん作っていけば、その分自動化で得られる収入が増え続ける事になります。

 

最終的には何もせずに、本業と副業を合わせた収入を超える事も可能です。正しい努力と継続する事をやめなければ開かれる道でもあります。

継続して数を増やす事で収入の柱が増える

同じ様なアフィリエイトサイトを増やす事で収入を得る柱を作り続ける様にすれば良いのですが、狙う場所によっては時間がかかり過ぎてしまうため、結果が出るまで大変な物もあります。

 

始めのうちは自分の力で勝負できる所で勝負していくようしてください。

やりたい事にチャレンジできる

自動化ができれば、今までやりたかったけど時間が無くてできなかった事にチャレンジする事ができます。骨休めに旅行なども可能ですし、有意義に過ごす事ができる様になります。

 

今までとは違った世界が広がりますので、この記事を読む段階になっているあなたは本当にやりたかった事にチャレンジすべきです。

まとめ

自動化まで進む事ができれば、あなたの人生が全く別の物になります。webライターとして副業を始めた時は純粋に稼ぐ事だけだったとおもいますが、これからは自動化に向け努力を最大限に行う事がベストです。

 

一度自動化が可能になれば、自信にも繋がります。そして次のサイトも同じやり方で攻める事、この攻め方が間違ってしまうと自動化が難しい所ですが、今後の記事でその部分に関しても続けていきますので、参考にしてください。

カテゴリ:webライター 

webライターの副業で本業の収入を超えたら…おすすめは?

目安時間:約 8分

副業でwebライターをスタートさせて、貪欲に勉強をして案件を取りながら継続的に収入が得られる用意なるとある分岐点が訪れます。それが本業の収入を副業が超える瞬間です。

 

この瞬間にあなたは自由になれると思うかもしれませんが、一度落ち着きましょう。まず副業での収入に関しての税金などは事業主として払わなければいけません。大体になりますが、収入の半分程と考えていれば間違いありません。

 

この分のお金は使わない様に取っておくようにしましょう。税金を払えなくなるのはかなり問題が発生してしまいます。

 

しかし、ネットを使用してwebライターとしてある程度成功しているのは間違いありません。ここからさらに収入を伸ばす事もできるのですが、ライターとして活動していくとある問題が発生してきます。

 

それが動く事で収入を得られるが、止まると得られないという事です。

 

そこでおすすめの手段がアフィリエイトになります。

 

この記事で分かる事

  • webライターとして副業の収入が超えた時に考える事
  • いつまでも動ける保障はないので次のステップ
  • スキルを使う事で自動化できる事

 

本業の収入を超える副業での収入を得られる様になったら

本業の収入を超えても、いきなり辞める事はしないでください。貯金をして何年も働かなくても大丈夫でしたら別ですが、収入の柱が多い程安心して生活ができます。

 

このまま副業を続ける事で、文字単価がどんどん上がれば良いのですが、確実に上手く行く方法はありません。この地点まで来たら色々な選択肢が出てきますが、とりあえず先の目標が決まるまでは本業を続けておきましょう。

 

動く事で収入を得られるが楽にはならない

webライターとして案件をこなしているのに、体が楽になる事はそれほど多くありません。それは収入を増やすために動いているためです。

 

当然ですが、動く事で収入を得るので休めないといったスパイラルがあります。習慣で記事作成をしているのもあるとは思いますが、基本的に休めないですよね。

webライターは止まる事で収入は減ってしまう

記事を書く事で収入を得るwebライターは止まれば収入はありません。与えられる仕事をこなす本業なら何も考えないでも仕事はあり、淡々とこなせば給料は発生します。

 

webライターは自ら動かないと収入が変動するので、頑張って動いてしまいます。この辺りから疑問を持ち始めるのですが、そう考えられる様になった時に始める事をお勧めするのが自動化(アフィリエイト)です。

自動的に収入を得る仕組みを作り始める

副業に興味があり、アフィリエイトをいきなり始める方も沢山いらっしゃいますが、大半の方は挫折します。アフィリエイトでの収入を得ることなくやめてしまうのです。

 

その殆どの理由が文章を書く事に慣れていない事や、スキルが無いためです。

 

今までの記事を読んで頂いているあなたなら理解されると思うのですが、一方的に書く記事は文字数にもよりますが簡単にできます。しかし、読ませる文章はそう簡単には行きません。

 

これまでwebライターとして副業で収入を得る間にあなたにはアフィリエイトで文章を書くための土台がある程度出来上がっています。あとはアフィリエイトのサイトを作りながら副業で稼ぐ事でしばらくの間アフィリエイトの収入が無くても安心してサイトを構築する事ができます。

webライターとして活動しながら自動化の準備をする

本業もこなし、webライターとして必要な収入分の案件をこなして時間を作り、アフィリエイトの準備をする事で不安要素が少ない状態で始める事ができます。

 

副業の収入が無い状態で始める方が多いため、この心配が大きくなり続ける事で結果が生まれやすいアフィリエイトで継続ができなくなり撤退する方が殆どです。

直ぐに結果は出ないので、平行してwebライターは継続しておく

今まで案件で記事を書いていたのですが、サイトを作るとどの程度記事を見てくれているかが分かります。初期では殆ど読まれる事はないので、時間をかけて育てるイメージだと思っていただければ良いと思います。

 

無償で記事を書いている状態が続きますが、本業と副業で収入を得ていれば期待せずにサイトを作る事ができるので、いきなり始める方よりあなたは有利な状況です。

webライターとして必要なスキルは習得している

いきなりアフィリエイトを始める方よりもあなたを有利にしている物があります。それがスキルです。

 

これまでに紹介した案件をこなしている事で文章を書く事や表を作る事、そして比較記事を書けることはアフィリエイトでは必須なスキルを所持しています。このスキルは貴重ですので、スタートの段階で装備が充実しているRPGの様な物です。

スキルを使ってアフィリエイトにチャレンジ

webライターとして培ったスキルで読ませる文章を書き、比較記事や表で読者を説得する事ができるだけでアフィリエイトの成功率は上がります。

 

読ませる技術はいきなり身に着く物ではなく、経験による部分が大きいですが、大半の方はそれを身につけていない状態でスタートしますが、これまでに副業で記事作成をしていたあなたであれば作成する事が可能です。

webライターとは違ったライティングも必要になる

今まで色々な案件で文章を書いてきたあなたであれば、読ませる技術に関して問題はないと思っています。しかし、アフィリエイトではそれだけではなく、若干違ったライティングも必要になってきますので、勉強をする必要があります。

 

最終地点は商品を購入してもらう事になりますので、適当でも良いので商品を販売している大手の販売ページを見て見るだけでも得られる物があります。

 

読ませるだけではなく、集客するために新たなライティングを勉強する必要がありますが、ベースがある程度備わっているあなたであればクリアできると確信しています。

まとめ

副業の収入が本業を超えた辺りで色々な考えが出てくると思います。その中での選択肢の1つとして今回の記事を参考にしていただければと幸いです。

 

自動化ができる様になると、あなたの時間を増やす事ができ、より幸せな時間を作りだす事ができます。今回おすすめしたアフィリエイトはそんな自動化に向けての手段の1つになりますので興味があればチャレンジしてみるのもありだと思います。

カテゴリ:webライター 

webライターの副業で経験を積んだら自分をアピールするのがおすすめ!

目安時間:約 8分

webライターとして必要なスキルの大半を得ているあなたが次にすべきことは、自分を売り込む事です。案件のスカウトという受動的な案件は単発である事もあり、定期収入としての柱になる事はありません。

 

ではどうやって定期収入を増やすか?それはwebライターを募集している企業の募集にエントリーする事です。単価もそれなりに保証され、尚且つスキルという見えない物ではなく、実績として積む事ができるので、webライターとしてこれから活動していく事に対してのメリットが大きいです。

 

 

この記事で分かる事

  • webライター募集はそれなりに存在
  • 興味があるジャンルの記事作成で副業はできる
  • ツイッタ―などのSNSでも案件を見つけられる

 

webライターでの実績は大事

おおきな企業で記事を作成する。この事はwebライターとしての実績として扱われます。この実績を積む事は、仕事でいう所の資格と同じであり、武器になります。

 

そんな案件はないでしょ?と思われがちですが、実は募集をしている所は存在していますので安心してください。特にあなたが好きなジャンルの企業で記事作成を定期的にできれば、収入面での安心や時間などを有効に使える場面も増え、実力アップにも繋がります。

 

時間がある時に、あなたが興味のあるジャンルの会社などをネットで検索してみてください。募集などの要項が記載されている事がありますので、ブックマークなどをして募集に応募してみましょう。

webライターが自分をアピールできるライター募集

今までの経験などを募集に記載し、どういった事ができるかなどの詳細をwebライターを募集している企業にエントリーはかなりおすすめです。通常の就職活動に近いですが、大学生が就活するよりもヒット率はかなり高いです。

 

それは文章を書く事を教えるにはかなりの労力がかかりますので、企業はこの時間をできるだけカットしたいと思っています。webライターとしての実力を備えているあなたであれば、ライターとして何もせずにエントリーしている人に比べはるかに有利です。

 

上場企業などでの募集があれば積極的に動く価値がありますので、記事作成時間外などの移動時間など隙間の時間を上手く使って行動してください。

ネットを使えば意外に存在する企業のライター募集

仕事を募集しているフリーペーパーなどでは存在していませんが、ネットで検索しても同様に見つけることは難しいです。それは企業のHPの中にあり、検索だけではなく中身を見る事で初めて見る事ができます。

 

ライター募集と記載していれば良いのですが、書き方が違う場合もありますので類義語など意味が近いリンクなどの文章があれば調べてください。無駄になる事もありますが、数をこなす事である程度のwebライターの募集を見つける事ができると思いますので根気よく探しましょう。

 

状況によっては副業ではなく、直接雇用などの働き方も選択肢に出てくると思います。この場合には現在の本業との関係性によって考えなければいけないのでじっくりと考える必要がありますので、すぐに行動を起こさずあなたにとっての最良の答えを導き出してください。

自分の書きたいジャンルの企業にアピールをする

webライターの募集自体はそれなりの数が存在します。その中であなたがやりたい物であればおすすめですが、やりたくないジャンルのライター募集は基本的にスルーしてください。

 

副業でwebライターを始めたばかりの時の様に案件を選べず、記事作成に苦戦していた状態とそれほど変わらない状況になってしまい、記事作成が苦痛になってしまいます。苦痛になってしまうと記事作成速度が低下したり、文字数の規定までに達する事ができない事が多発します。

 

あなたの書きたいジャンルの企業のwebライター募集にエントリー以外は基本的に考えない様にしましょう。

webライターである事をSNSでアピールすると…

webライターの募集を見つけ、とりあえず契約まで行けた場合にあなたの経歴に載せることができます。この時点で差別化ができるので、副業でwebライターの活動をするためにかなり有利な条件が揃ってきます。

 

スカウトの件数も上がりますし、上がる事で文字単価の交渉もかなり有利に進める事ができます。今までクラウドソーシングでの記事作成の案件よりも条件が良くなる可能性が高まります。そして今まで行ってこなかったTwitterなどを使う事でより条件を良くしていく事が可能です。

意外に案件が存在するSNS

これまで案件をクラウドソーシングで探していたと思いますが、実はTwitterなどのSNSでも募集を見つける事ができます。文字単価も意外に高めなのですが、これまで紹介しなかった理由があります。それは報酬を得られるまでのリスクが大きかったからです。

 

納品しても報酬が払われないなどのリスクはあなたの成長するための時間を無駄にしたくなかったため、確実に報酬が得られ記事作成の実力を向上させる事だけに注力してもらう状況にしていました。

 

SNSで企業も募集をしている事があり、文字単価が高めになっています。この時にTwitterでの募集になると、素人でもエントリーはできるのですが、あなたに肩書があればしっかりとした状態で案件を受ける事ができますし、報酬未払いの様なリスクがありません。

企業ではない個人のクライアントはリスクあり

しっかりと調べた企業での募集であれば報酬が払われないといったリスクはほぼありません。しかし個人での募集は基本的にリスクがかなり高く、記事だけ持っていかれる可能性が高いので、SNSでの記事作成案件は肩書きとスキルの充実した状態になってから企業などしっかりしたアカウントでの発信している案件を受けましょう。

まとめ

この状態まで来ることができれば、副業でかなりの安心感を得られるほどの報酬を手にしていると思います。ここからできる事は文字単価の交渉とより良い条件で記事作成をできる企業を探し続ける事です。

 

今まで長文や比較記事で費やしていた時間を企業を探す時間に費やしても安心できると思います。スキルアップでの転職の様に考えて頂ければスムーズですね。どんどん文字単価を上げ、書きたい記事を書いて報酬を得られる様に努力を怠らない様にしていきましょう。

カテゴリ:webライター 

webライターの副業で欲しい文字単価のおすすめはどのくらい?

目安時間:約 7分

比較記事の作成案件も頻繁にある訳ではありません。そのため他の案件も並行してこなしていかないと収入を安定させる事ができません。できれば比較記事の様な文字単価が高めな物がどんどんあれば良いのですが、そううまくいかないのも現実です。

 

そうなった時に副業をしていて不安が出てきてしまいます。この不安を払拭する事ができない状態を長引かせるのは精神的に良くありません。そこでおすすめになるのが、クライアントに交渉を行う事です。

 

交渉になるので武器が必要になりますが、ここまできたあなたには武器をしっかり所持しているので交渉を行ってもそれほど悪い方向に進む事はありません。文字単価に拘る事も今後必ず必要になってくる事なので、価値に合った文字単価を覚えましょう。

 

この記事で分かる事

  • スキルによって文字単価は変化する
  • 言われた文字単価に不満がある場合には伝える
  • 文字単価交渉をする時は?

webライターとして文字単価は重要

1文字で20銭の違いがあった場合に、1万文字の案件を受けると差は広がります。当然なのですが、同じ記事作成になるので、できるだけ文字単価は高い方が良いに決まっています。

 

しかし、欲しい文字単価と現実的な文字単価の開きがある場合には、まず折れる必要があります。ここからは、状況別にwebライターとしてスキルの状態でのおすすめ文字単価を記載しますので、参考に案件を探してみてください。

 

もしスカウトで来た場合には、多少融通が利く事も多いので気持ち高く設定しても通る事もあります。

webライターとしてスキルが揃うまでは1円以下での案件を受注がおすすめ

タスク形式や短文での案件の場合には、文字単価は基本無視しましょう。評価を受ける事が一番必要な事で、これからスキルを上げていく段階ですので、低すぎないと感じる文字単価の0,5円程までを目安にするのがおすすめです。

 

評価も増え、長文もある程度かける様になったら文字単価の設定を上げて0,8円位で案件をこなすとベストです。長文1つで2500円程度位の感覚になります。

 

比較記事がこなせるようになったら、文字単価1円位を目標にすると良いと思います。クライアントによるのですが、比較記事の多くはテンプレの表や決まり文句などをコピーするだけで、文章作成以外の文字数も加算されるクライアントも存在します。

 

実質の文章量が半分程度になっている事もあるので1円での文字単価なのに、総文字数で考えると1,5円程になっているなんて事もあります。

 

案件を探すときの目安がこの位の文字単価ですが、これ以下の文字単価の案件も存在します。他に受ける案件が無い場合には、若干文字単価を下げて、作業効率が良い物を受けるなどの方法も有効ですが、最終手段なので出来るだけ文字単価を下げない様に案件を探したり、受注するようにしてください。

 

webライターとして技術が上がり、スカウトが増えた頃から1円以上を目指す

スキルが上がる事でスカウトが増える事は良くあります。そのスカウトも評価を見ていない場合もありますが、そういったクライアントの場合は文字単価が低い傾向があります。

 

適当にクライアントもwebライターを探している訳ではなく、ある程度の評価を基準にしていますので、あなたの評価はしっかりと見られていると意識しても問題ありません。

 

このスカウトが頻繁に来るようになったら、あなたのwebライターとしてのスキルは上がってきたと実感しても良いと思いますので、自信を持ってください。

副業でwebライターをしている時に文字単価の上げる方法

文字単価交渉は始めて行う場合には難しい物です。クライアントから言われれば良いですが、そういった事はかなり稀です。しかし、交渉で上げられるのも事実なので、スキルに合った文字単価を得る必要があります。

 

この文字単価交渉には多少のコツと条件がありますので、その辺りについて解説していきますので単価を安く感じ始めたら交渉を行うようにしましょう。

webライターとして継続して案件を受けているクライアントに交渉

スカウトから来たクライアントには、文字単価は強気で行うようにしてください。希望する文字単価を切る様なスカウトは受けてくれたらラッキー程度に考えている場合もあります。こういった事で文字単価の低下は避けるべきなので、折れない様にしてください。

 

現在複数のクライアントに記事作成依頼を受けている方は、そのクライアントに交渉してみてください。案件が無くなる不安があるかもしれませんが、現状で一番文字単価の低い所殿交渉であれば最悪の場合新しいクライアントを見つければ問題ありません。

 

特に長期でこなしていたクライアントであればwebライターとしての価値を高く感じてくれている場合もありますので、交渉の余地があります。逆にあまり付き合いが無いクライアントの場合は交渉しても単価が上がらない事もありますが、納品した文章によっては若干可能性があります。

まとめ

webライターの文字単価に基準はありません。雇われであれば時給などから計算はできますが、webライターのあなたは自身で単価を決める事ができます。

 

webライターとして仕事をしていると、クライアントから金額の提示を求められる事も出てきますので、あなたの文字単価をしっかり決めて、その金額以下では仕事をしない位の気持ちで案件をこなしていきましょう。

カテゴリ:webライター 

webライターの副業で長文と並行して比較記事の受注はおすすめ!

目安時間:約 8分

タスクや短文案件をこなした後に、長文をメインに作成していると思います。しかし、思っている以上に報酬が伸び悩む壁に躓き始めている時期でもあると思います。

 

クライアントも商売ですから、ある程度までを上限にして案件を振っているのでしょうがない状況です。といって諦めるのは簡単ですが、特殊な記事作成も存在しています。それが比較記事という物です。

 

比較記事は副業でwebライターとしてやっていくためには必ず通らなくてはいけない記事作成になります。報酬をそれほど気にしなくても良いと言うのであれば問題は無いのですが、この比較記事作成は単価が高くなりやすく、文字数も今まで経験してきた物と比べてかなり多くなります。

 

文字単価が高くなり、更に文字数も多くなるため1案件に対しての報酬が大きくなります。今まで受けていた案件より文字数が同程度で50%程高くなったりする事もありますので、積極的にこなしたい案件です。

 

特にジャンルを考えて、案件を選ぶようにすると副業として考えられない金額になるため時間的なゆとりも産まれ始め、勉強などに使える時間も増やせるのでまだチャレンジした事が無い方は1度試しに案件を取りに行ってみましょう。

 

クラウドソーシングで比較系の記事作成の依頼は多くはないですが、しっかりと存在していますので、まずはあなたが書きやすいジャンルの案件を受けてみる事をおすすめします。

 

この記事で分かる事

比較記事はwebライターであれば必要スキル

何故比較記事を書けると単価が高くなる可能性が増える?

ライティング可能な記事作成はメリットがある

 

webライターは比較記事を書けるようにする

比較記事はいきなり挑戦しようとしてもなかなか難しいです。その理由に長文である事は間違いないのですが、今まで経験してきた文字数よりもかなり多くなる事が当たり前になります。

 

だからこそおすすめな案件になるのですが、実際に書いてみると分かるのですが、複数の物を題材にしながらも、純粋な比較をしながらその中で一つだけを光らせる・気が付かれない様に文章を書く必要があります。

商品紹介の上位互換に近い比較記事作成はwebライターなら必須

比較記事は今まで一つの商品を紹介する長文の記事を合わせながら、クライアントが希望する形に収める必要があります。その技術はいきなりつく物ではありません。

 

露骨に書く事もできず、読者に悟られない様に比較をしながら進めていくのはなかなか難しいですが、経験を積めば必ずかける様になります。比較的に単価が高くなりやすいので、通常の長文案件よりも時間をかけて自分の物にする様にしましょう。

比較記事はスキルに近い物なので、副業でwebライターを続けるために覚える

何度も比較記事を書き、添削を受けていく事であなたの中で確実に吸収され、スキルとして備わります。このスキルはかなり使える物になるので、確実にこなせるようにしましょう。

 

一般的な比較記事で1万文字が普通なので、長文の案件が短く感じる様になり、よりライティングが早くなったり、長文でも文字を削って納品するようになり、ゆとりが出てくると思います。文章作成のスタミナも付くので、長文案件に慣れてきたらチャレンジしてみましょう。

比較記事を作成できる様になると副業でのライティング案件が更に増やせる

長文でもそれなりに副業であれば稼ぐ事はできます。しかし、時間をかけて記事を書くと言う動作は全く同じです。それなら少しでも報酬が大きく、文字単価が高くなりやすい比較記事を受けていくようにしましょう。

 

実際比較記事の案件自体はクラウドソーシングで発注されているクライアントは少ないです。しかし、その少ない状態でも、比較記事だからと案件を受けない人も多いのも事実で、需要と供給のバランスは良いので見つける事ができます。

 

できる事の幅が広くなれば自然に受けられる案件も増えるので、比較記事にチャレンジしましょう。

比較記事が書ける事で、クライアントから副業では嬉しい高単価の案件が増える

純粋に長文で文字数が比較記事より多い物があれば、ある程度の報酬を得る事ができますが、同じ時間を使うなら少しでも文字単価が高い物の方が得をします。文字単価が高い理由もしっかりとあるので、比較記事は副業での案件でおすすめになります。

 

単価が高くなる事で、より良い記事を作成できる様になりますので、クライアントの評価も上がりますので、継続して案件を振られる事が多くなり、案件探しの時間も無くなる事も考えられますので、色々な面を考えてもできる段階が来たら挑戦あるのみです。

webライターで比較記事を書けるとクライアント先が増える事も

比較記事を書く事ができれば、実績を積む事ができます。クラウドソーシングで評価は案件名に対して付く事が多く、直接のスカウトで今まで知らなかったクライアントからアポが来ることがあります。

 

この直接のスカウトが増える事で、受注先が増えますので今まで動いていた時間を記事にまわすことができる様になります。

比較記事が書けると商品の紹介する記事作成の依頼のチャンスが増えるのでおすすめ

評価で比較記事を作成した事が分かると、webライターを探しているクライアントからアポが来る可能性が高まります。初めにタスクや短文で評価を稼いでいたのは、長文のスカウトが来る可能性を高めるためでした。

 

そして次のステージに移行する事で、比較記事のスカウトが来るように自分をブランディングする事で価値を高める事ができます。この状態まで行けば、ツイッターなどで仕事を受注できる様になり。個人事業として徐々に動き出す事も見えてきます。

 

副業での案件が増える事で、小さ目な報酬から抜け出す事ができる

案件取得の幅が広がる事で、今まで評価稼ぎに費やしていた時間を記事作成に回し、高単価の案件をこなせば、副業の収入が本業に近い数字に近づく事ができます。評価稼ぎの案件から抜け出し、徐々にスキルを向上させ、認知させる事であなたの副業の割合が徐々に大きくなります。

 

文字単価が自然に高まる動きをここまで読んで実践してくれたあなたであれば、更なる報酬アップn期待が持てます。

まとめ

比較記事は高額案件を受ける事ができる最終的なスキルになります。このスキルを手に入れるまで時間はかなりかかったと思いますが、今までのライティングスキルに比較記事をマスターした事で、本業次第で活かす事もできます。

 

文章を書くと言う技術はどんな世の中でも使えるスキルですから、他の人より今のあなたはリードしていると考えても問題ありません。webライターとしての収入を上げて、どんどんスキルを向上させていきましょう。

カテゴリ:webライター 

Archives

Categories

ページの先頭へ