webライターの副業で欲しい文字単価のおすすめはどのくらい?

目安時間:約 7分

比較記事の作成案件も頻繁にある訳ではありません。そのため他の案件も並行してこなしていかないと収入を安定させる事ができません。できれば比較記事の様な文字単価が高めな物がどんどんあれば良いのですが、そううまくいかないのも現実です。

 

そうなった時に副業をしていて不安が出てきてしまいます。この不安を払拭する事ができない状態を長引かせるのは精神的に良くありません。そこでおすすめになるのが、クライアントに交渉を行う事です。

 

交渉になるので武器が必要になりますが、ここまできたあなたには武器をしっかり所持しているので交渉を行ってもそれほど悪い方向に進む事はありません。文字単価に拘る事も今後必ず必要になってくる事なので、価値に合った文字単価を覚えましょう。

 

この記事で分かる事

  • スキルによって文字単価は変化する
  • 言われた文字単価に不満がある場合には伝える
  • 文字単価交渉をする時は?

webライターとして文字単価は重要

1文字で20銭の違いがあった場合に、1万文字の案件を受けると差は広がります。当然なのですが、同じ記事作成になるので、できるだけ文字単価は高い方が良いに決まっています。

 

しかし、欲しい文字単価と現実的な文字単価の開きがある場合には、まず折れる必要があります。ここからは、状況別にwebライターとしてスキルの状態でのおすすめ文字単価を記載しますので、参考に案件を探してみてください。

 

もしスカウトで来た場合には、多少融通が利く事も多いので気持ち高く設定しても通る事もあります。

webライターとしてスキルが揃うまでは1円以下での案件を受注がおすすめ

タスク形式や短文での案件の場合には、文字単価は基本無視しましょう。評価を受ける事が一番必要な事で、これからスキルを上げていく段階ですので、低すぎないと感じる文字単価の0,5円程までを目安にするのがおすすめです。

 

評価も増え、長文もある程度かける様になったら文字単価の設定を上げて0,8円位で案件をこなすとベストです。長文1つで2500円程度位の感覚になります。

 

比較記事がこなせるようになったら、文字単価1円位を目標にすると良いと思います。クライアントによるのですが、比較記事の多くはテンプレの表や決まり文句などをコピーするだけで、文章作成以外の文字数も加算されるクライアントも存在します。

 

実質の文章量が半分程度になっている事もあるので1円での文字単価なのに、総文字数で考えると1,5円程になっているなんて事もあります。

 

案件を探すときの目安がこの位の文字単価ですが、これ以下の文字単価の案件も存在します。他に受ける案件が無い場合には、若干文字単価を下げて、作業効率が良い物を受けるなどの方法も有効ですが、最終手段なので出来るだけ文字単価を下げない様に案件を探したり、受注するようにしてください。

 

webライターとして技術が上がり、スカウトが増えた頃から1円以上を目指す

スキルが上がる事でスカウトが増える事は良くあります。そのスカウトも評価を見ていない場合もありますが、そういったクライアントの場合は文字単価が低い傾向があります。

 

適当にクライアントもwebライターを探している訳ではなく、ある程度の評価を基準にしていますので、あなたの評価はしっかりと見られていると意識しても問題ありません。

 

このスカウトが頻繁に来るようになったら、あなたのwebライターとしてのスキルは上がってきたと実感しても良いと思いますので、自信を持ってください。

副業でwebライターをしている時に文字単価の上げる方法

文字単価交渉は始めて行う場合には難しい物です。クライアントから言われれば良いですが、そういった事はかなり稀です。しかし、交渉で上げられるのも事実なので、スキルに合った文字単価を得る必要があります。

 

この文字単価交渉には多少のコツと条件がありますので、その辺りについて解説していきますので単価を安く感じ始めたら交渉を行うようにしましょう。

webライターとして継続して案件を受けているクライアントに交渉

スカウトから来たクライアントには、文字単価は強気で行うようにしてください。希望する文字単価を切る様なスカウトは受けてくれたらラッキー程度に考えている場合もあります。こういった事で文字単価の低下は避けるべきなので、折れない様にしてください。

 

現在複数のクライアントに記事作成依頼を受けている方は、そのクライアントに交渉してみてください。案件が無くなる不安があるかもしれませんが、現状で一番文字単価の低い所殿交渉であれば最悪の場合新しいクライアントを見つければ問題ありません。

 

特に長期でこなしていたクライアントであればwebライターとしての価値を高く感じてくれている場合もありますので、交渉の余地があります。逆にあまり付き合いが無いクライアントの場合は交渉しても単価が上がらない事もありますが、納品した文章によっては若干可能性があります。

まとめ

webライターの文字単価に基準はありません。雇われであれば時給などから計算はできますが、webライターのあなたは自身で単価を決める事ができます。

 

webライターとして仕事をしていると、クライアントから金額の提示を求められる事も出てきますので、あなたの文字単価をしっかり決めて、その金額以下では仕事をしない位の気持ちで案件をこなしていきましょう。

カテゴリ:webライター 

この記事に関連する記事一覧

Archives

Categories

ページの先頭へ