webライターの副業で長文と並行して比較記事の受注はおすすめ!

目安時間:約 8分

タスクや短文案件をこなした後に、長文をメインに作成していると思います。しかし、思っている以上に報酬が伸び悩む壁に躓き始めている時期でもあると思います。

 

クライアントも商売ですから、ある程度までを上限にして案件を振っているのでしょうがない状況です。といって諦めるのは簡単ですが、特殊な記事作成も存在しています。それが比較記事という物です。

 

比較記事は副業でwebライターとしてやっていくためには必ず通らなくてはいけない記事作成になります。報酬をそれほど気にしなくても良いと言うのであれば問題は無いのですが、この比較記事作成は単価が高くなりやすく、文字数も今まで経験してきた物と比べてかなり多くなります。

 

文字単価が高くなり、更に文字数も多くなるため1案件に対しての報酬が大きくなります。今まで受けていた案件より文字数が同程度で50%程高くなったりする事もありますので、積極的にこなしたい案件です。

 

特にジャンルを考えて、案件を選ぶようにすると副業として考えられない金額になるため時間的なゆとりも産まれ始め、勉強などに使える時間も増やせるのでまだチャレンジした事が無い方は1度試しに案件を取りに行ってみましょう。

 

クラウドソーシングで比較系の記事作成の依頼は多くはないですが、しっかりと存在していますので、まずはあなたが書きやすいジャンルの案件を受けてみる事をおすすめします。

 

この記事で分かる事

比較記事はwebライターであれば必要スキル

何故比較記事を書けると単価が高くなる可能性が増える?

ライティング可能な記事作成はメリットがある

 

webライターは比較記事を書けるようにする

比較記事はいきなり挑戦しようとしてもなかなか難しいです。その理由に長文である事は間違いないのですが、今まで経験してきた文字数よりもかなり多くなる事が当たり前になります。

 

だからこそおすすめな案件になるのですが、実際に書いてみると分かるのですが、複数の物を題材にしながらも、純粋な比較をしながらその中で一つだけを光らせる・気が付かれない様に文章を書く必要があります。

商品紹介の上位互換に近い比較記事作成はwebライターなら必須

比較記事は今まで一つの商品を紹介する長文の記事を合わせながら、クライアントが希望する形に収める必要があります。その技術はいきなりつく物ではありません。

 

露骨に書く事もできず、読者に悟られない様に比較をしながら進めていくのはなかなか難しいですが、経験を積めば必ずかける様になります。比較的に単価が高くなりやすいので、通常の長文案件よりも時間をかけて自分の物にする様にしましょう。

比較記事はスキルに近い物なので、副業でwebライターを続けるために覚える

何度も比較記事を書き、添削を受けていく事であなたの中で確実に吸収され、スキルとして備わります。このスキルはかなり使える物になるので、確実にこなせるようにしましょう。

 

一般的な比較記事で1万文字が普通なので、長文の案件が短く感じる様になり、よりライティングが早くなったり、長文でも文字を削って納品するようになり、ゆとりが出てくると思います。文章作成のスタミナも付くので、長文案件に慣れてきたらチャレンジしてみましょう。

比較記事を作成できる様になると副業でのライティング案件が更に増やせる

長文でもそれなりに副業であれば稼ぐ事はできます。しかし、時間をかけて記事を書くと言う動作は全く同じです。それなら少しでも報酬が大きく、文字単価が高くなりやすい比較記事を受けていくようにしましょう。

 

実際比較記事の案件自体はクラウドソーシングで発注されているクライアントは少ないです。しかし、その少ない状態でも、比較記事だからと案件を受けない人も多いのも事実で、需要と供給のバランスは良いので見つける事ができます。

 

できる事の幅が広くなれば自然に受けられる案件も増えるので、比較記事にチャレンジしましょう。

比較記事が書ける事で、クライアントから副業では嬉しい高単価の案件が増える

純粋に長文で文字数が比較記事より多い物があれば、ある程度の報酬を得る事ができますが、同じ時間を使うなら少しでも文字単価が高い物の方が得をします。文字単価が高い理由もしっかりとあるので、比較記事は副業での案件でおすすめになります。

 

単価が高くなる事で、より良い記事を作成できる様になりますので、クライアントの評価も上がりますので、継続して案件を振られる事が多くなり、案件探しの時間も無くなる事も考えられますので、色々な面を考えてもできる段階が来たら挑戦あるのみです。

webライターで比較記事を書けるとクライアント先が増える事も

比較記事を書く事ができれば、実績を積む事ができます。クラウドソーシングで評価は案件名に対して付く事が多く、直接のスカウトで今まで知らなかったクライアントからアポが来ることがあります。

 

この直接のスカウトが増える事で、受注先が増えますので今まで動いていた時間を記事にまわすことができる様になります。

比較記事が書けると商品の紹介する記事作成の依頼のチャンスが増えるのでおすすめ

評価で比較記事を作成した事が分かると、webライターを探しているクライアントからアポが来る可能性が高まります。初めにタスクや短文で評価を稼いでいたのは、長文のスカウトが来る可能性を高めるためでした。

 

そして次のステージに移行する事で、比較記事のスカウトが来るように自分をブランディングする事で価値を高める事ができます。この状態まで行けば、ツイッターなどで仕事を受注できる様になり。個人事業として徐々に動き出す事も見えてきます。

 

副業での案件が増える事で、小さ目な報酬から抜け出す事ができる

案件取得の幅が広がる事で、今まで評価稼ぎに費やしていた時間を記事作成に回し、高単価の案件をこなせば、副業の収入が本業に近い数字に近づく事ができます。評価稼ぎの案件から抜け出し、徐々にスキルを向上させ、認知させる事であなたの副業の割合が徐々に大きくなります。

 

文字単価が自然に高まる動きをここまで読んで実践してくれたあなたであれば、更なる報酬アップn期待が持てます。

まとめ

比較記事は高額案件を受ける事ができる最終的なスキルになります。このスキルを手に入れるまで時間はかなりかかったと思いますが、今までのライティングスキルに比較記事をマスターした事で、本業次第で活かす事もできます。

 

文章を書くと言う技術はどんな世の中でも使えるスキルですから、他の人より今のあなたはリードしていると考えても問題ありません。webライターとしての収入を上げて、どんどんスキルを向上させていきましょう。

カテゴリ:webライター 

この記事に関連する記事一覧

Archives

Categories

ページの先頭へ