webライターの副業でタスク系に慣れてきたら長文がおすすめ!

目安時間:約 9分

タスクや短文の案件をこなし、そこで得た報酬で読書などをしていく事で、あなたの実力派少しずつ上がります。ある程度のベースができ始めてくるのでもこの頃になるのですが、ここから飛躍的にwebライターとしての実力を伸ばす方法があります。

 

それが長文の案件をこなす事。

 

長文の案件をwebライターに頼むクライアントの大半はある程度の実力があると思いながらも、完璧にこなせるとは思っていない事が多いです。そのため。一度納品した時に、納品された文章に対してどこに問題があり、どうしたら良いか?といった説明をもらえます。

 

添削は次回も同じwebライターさんに依頼をする事で、お互いが仕事を行いやすくなるので、親切に教えてくれる事が多いので、読ませる文章を書くために必要なことなどを教えてもらう事ができます。

 

本来であれば、お金を支払い指導してもらえるのが普通ですが、添削をされながら報酬も貰う事ができるのはかなり大きなメリットになります。タスクなどでは文章量がクリアされサッと見て問題なければ納品完了になりますので、長文の案件はあなたの実力を一気に引き上げる事ができます。

 

この記事で分かる事

  • タスク系の仕事はwebライターとしての実力を上げられない
  • 長文で文章を読ませる勉強
  • 添削を受ける事でダメ部分の気づき

 

webライターとしての実力を長文を書く事で伸ばす

タスク形式や短い文章は実力を大きく伸ばす事はできません。副業でwebライターとして満足いく報酬を得るためには、やはり文章を書く事になるのですが、長文の文章を書く事がおすすめです。

 

長文の案件は納期などもありますが、一番キツイのは題材が1つで文章を書ききらなければいけない事です。長文(3000文字以上)を今まで書いた事がない場合に、この文字数はかなり辛くなり、どうしても文章を無題に引き延ばす事が出てきます。

 

その場合文章の水準も低くなりやすく、添削にて修正を受ける事になってしまいます。初めはこの添削を受ける事で問題点が分かるので、勉強と同様に自分のダメな部分を知る事が可能です。

 

実力を伸ばす事で、より報酬を得られる様に長文にチャレンジしていきましょう。いきなり長文を書くのが難しいと思いますので、書くためのポイントなどの解説を行います。

長文は構成を考えてから文章を書く必要がある

長文を書く事ができない場合、大半は全体の構成をする前から文章を書き始める事が原因です。前半で書く事が無くなってしまうなんて事も出てきます。

 

ここで読書で得た情報がいきてくるのですが、題材を細かく砕き、流れを想像してから文章を書いていく事で無駄が無い流れを作る事が可能です。読ませたい分や補足的な物などをイメージして、文章に起こすと言った事を、予め準備してください。

無駄のない長文は始めから書けない

始めから無駄のない文章を書く事ができるのは、文才が初めからある方だと思いますので、失敗は気にしないでチャレンジする事が大切です。どんな物でも練習の積み重ねが結果として徐々に出てきますので、長文の案件を受けて書いてみましょう。

 

クライアントは始めから完璧な物を求めている訳ではないので、まずは規定文字数を書けるようにする事、こうする事で文章を書くスタミナを伸ばす事ができます。このスタミナは書く事でしか伸ばせないので、結果を気にしない様にして長文経験を増やしてください。

webライターは長文が書けるからこそ報酬高めな仕事を受けれる

何故長文の案件を薦めるのか?それは報酬が高くなる傾向があるからです。長文を書くスタミナは文章を書く経験が多ければ多いほど書きやすいのですが、初めて文章を書くときには、規定の文字数をクリアする事はなかなか難しいです。

 

そのため、タスクや短文の案件からスタートする事で、文章を書くハードルをクリアする事、そして少しずつ文字数を書けるようにしていく練習をしていきます。短い文章を長く書く事は難しいですが、長い文章を短くする事は比較的簡単になりますからね。

 

そしてこの長文も書くジャンルによって報酬額も変わってきますので、色々な知識を付ける事でどんどん報酬が上がり、文字単価が高くなります。

読ませる長文を書けるwebライターは重宝される

ブログなどを見ているとたまにあるのですが、文章量で言うと300文字程度の物で日記風の物はあるのですが、基本的に長文などを書くのはなかなか難しい事が分かります。長文で一方的に書く事ができても読ませると言う部分に関してはさらにハードルが上がります。

 

その部分を武器に持つことで、クライアントにとっては全体数が少ない長文を依頼ができるwebライターとして認知させる事ができます。

1つの題材で長文がかける事はwebライターとしてのスタートライン

長文を書くだけであればある程度の人はできます。しかし、1つの題材で長文を書く事ができるか?というとできない方が圧倒的に多いです。webライターであればできて当たり前ですが、このスタートラインに立てる総数は圧倒的に少ないです。

 

副業でwebライターはおすすめされる事が多いですが、時間が作れない事や長文を書く事ができなくてタスクや短文の案件をこなす事で少しずつ報酬を受け取る人が殆どであって、時間を上手く作れる人と長文を書けることでスタートラインに立ったことを実感できます。

長文の殆どが添削してもらえるのでwebライターとして必要な事を学べる

長文の案件を受ける事ができ状態を作り上げたら、案件を受ける様にしましょう。行動は早く起こした人間は結果が早く付いてきます。できる事は素早く済ませる様にしましょう。

 

そして長文の案件を受ける事で、タスクや短文の案件ではあまりなかった添削を受ける事ができます。この添削はあなたのため、そしてwebライターとして必要な事を学ぶ事ができます。

 

報酬を受け取りながら文章を上達できる環境を作る事ができるので、1つの動作で2つの事が得られる最高の状況を自ら作り出す事が可能です。

納品分の添削はwebライターとして実力アップ

自分では完璧な物を納品します。これは当然なのですが、それでもクライアント側ではこうして欲しいと言った依頼があり、ただ修正という訳ではなくこういう風に修正して欲しいと言われるのですが、何故そうして欲しいかなどの理由を知る事ができます。

 

この添削が大きなメリットになり、あなたの弱点などが分かるので苦手な部分を知る事ができます。苦手な部分が分かる事で勉強し、実力を上げる事が可能です。

webライターとして必要な文章に合った言葉を勉強できる

添削はwebライターとして必要な言葉選びなどにも及ぶ事があります。綺麗で最後まで読ませる文章はこういった部分の間違いなどが殆どなく、読み進めるストレスなどが無い物が評価されます。

 

正しい言葉などを学べるので長文の案件を積極的に受け、webライターとして必要なスキルを身につ受けられる様にしてください。

まとめ

今まで長文の案件を受けた事が無かったと思いますが、今回を機に長文の案件を受ける様にしてみてください。長文を受けるのはメリットが大きく、webライターとして必要なスキル向上もできるので時間の確保を行って体制を整えていきましょう。

 

こなせるようになったら、タスクや短文の案件は電車で移動している時などにサッと終わらせる事で自宅では集中して長文に打ち込むなど、環境を整えるのがおすすめです。

カテゴリ:webライター 

この記事に関連する記事一覧

Archives

Categories

ページの先頭へ